第7回 小山の医療を考えるシンポジウム

新小山市民病院開設1周年記念事業

  主催 小山地区医師会 新小山市民病院 小山の地域医療を考える市民会議

  共催 小山市

 

プログラムを見たい方はここをクリック

テ-マ:みんなで最後まで自分らしく生きられる小山市にしょう!

3連休の中日でしたが、300名ちかくの方にご来場いただき熱気あふれるシンポジウムとなりました。

第1部 小山の地域医療を考える市民会議活動報告

ホームペ-ジ作成他の報告とともに「在宅医療でここまでできる」の寸劇を劇団いきがい座で上演しました。

第2部 行政説明 地域包括ケアシステムってなあに?

 

第2部の行政説明では、栃木県保健福祉部医療政策課課長補佐 吉田昌広氏による「地域包括ケアシステムってなあに?」というテーマでその内容と必要性、今後の課題について講演いただきました。

   解りやすく出席者にも好評でしたので、資料をご覧になりたいかたは、ここをクリック。

第3部 パネルディスカッション

テ-マ 「みんなで最期まで自分らしく生きられる小山市にしよう

パネラーの方々より

・医師会 歯科医師会 薬剤師会等の取り組み

・新小山市民病院の取り組み

・いきいきふれあい運営委員会連絡協議会の取り組み

・小山市高齢生きがい課の取り組みについての報告があり、来場者も参加して意見交換を行いました