平成29年度活動報告(工事中 平成30年3月20日完成予定)

学ぶ → 意見を出し合い考える → 結果を地域に広める

 この3つを基本に活動しています。

 市民会議でどのような議論がなされたのか、どんな活動をしたのか、見える化を図って、活動の内容、配布された主な資料などを保管しておきます。 

市民会議の参加者は、時々、振り返って、内容を噛みしめ、更なる活動の糧にして頂きたい。!

一般市民の皆さん、特に「小山の医療を考えるシンポジウム」に参加の小山地区医師会、新小山市民病院、小山市の行政に携わる方々には、忙しいとは思いますが、1度は目を通して頂きたいです。

はじめに

第1回 5月19日 今年度の取組みについて

 資料 活動計画

    小山市地域医療推進基本計画 市民会議の方は再読 一般市民の方も1度は読んで!!  

学ぶ

第2回 どうして健診を受けるの受けないの

 資料 自治医科大学 小松先生講演

    小山市国民健康保険加入者の特定健診受診率

第3回 かかりつけ医ってやっぱり大切

 資料 自治医科大学 小松先生講演

    医療機関の役割分担

            かかりつけ医を持ちましょう 啓発チラシ

9月17日 地域医療フォーラム2017参加

                 概要 

 10月21日~22日 地域医療を守り・育てる住民活動全国シンポジウム参加

 資料    全国シンポジウム2017

    参加報告書2部

意見を出し合い考える

 第4回 意見交換  市民会議で一番大切な時間です。何度もじっくり生の議論を聞いてください。

 資料 意見の内容

結果を地域に広める

 第5回 新小山市民病院ふれあい祭りの参加ブ-ス内容をきめた

  新小山市民病院ふれあい祭り(10月15日)

  第6回 新市民病院ふれあい祭り振り返り 全国シンポジウム参加報告

  

  第7回 第8回 第9回

   今年全体を振り返って、更に討論した結果

     ①実際の役に立つこと

     ②目に見えること

     ③皆んなのやる気を出すこと

   ということで「健診の受診率を日本一にする!!」ことを目標に設定し

   地域の方々に広めていく活動として「寸劇」を作っております。

   3月4日「小山の医療を考えるシンポジウム」ご披露する予定です。